キリンビールとサッポロビールがクラフトビール事業の幅を広げている。キリンはクラフトビール用の飲食店サーバー「タップマルシェ」の導入店舗を増やし、キリンのクラフトビール以外も取り入れる。サッポロは一般消費者が企画したビールを商品化し、9月にインターネットで始めた。ビール離れが進む中でもクラフトビールなどは志向の多様化に合わせて、人気が広がっているため、大手の販路や話題作りで動きを活発化させたい。