オリーブカフェ

オリーブカフェ 1

The Olive Caféは、多くのフードフランチャイズの運営経験を持つOKADA GROUPによる長年の構想のもと開発された業態です。
2016年11月の1号店オープンより多くのお客様の支持を受け、早くも2017年8月には2号店をオープン。

The Olive Caféの業態コンセプトが地方都市に新たな息吹をもたらしました。

フランチャイズのお問い合わせ

フード業界のLCC

オリーブカフェ 2

Local – 地方都市を活性化すること

人手不足が深刻化する国内の飲食店では、小型化・効率化が主流となり、借り手が付かない居抜き物件が多く取り残されています。
オリーブカフェは、業態コンセプトと商品力で、地方ロードサイドのあふれる、中型・大型の居抜き物件の再生に成功しています。

Comfortable – 快適な空間を提供すること

オリーブカフェは、地域性や物件特性を最大限に考慮し、店舗毎に空間コンセプトを設計しています。

飲食店オーナーは、出店エリアや立地によって、住民の時間の流れが異なることに気付かなければなりません。
回転率や効率を重視し、画一化されたパッケージが果たして地域の支持を得られるのでしょうか?

Communication – 社内コミュニケーション(組織風土)を根付かせること

フードビジネスは人ありき。
従業員の満足度が高くなければ、良質なサービスは提供できません。

働きたいと思える職場
従業員に還元する仕組み

定着率93%を実現するOKADA GROUPのノウハウをオリーブカフェを通じて提供します。

店舗イメージ

オリーブカフェ 3

オリーブカフェ 4

基本情報

フランチャイザー OKADA Group
創業/設立 1973年
出店地域 日本
契約タイプ フランチャイズ
契約期間 3年
初期投資目安 2,350万円〜
加盟金 300万円
ロイヤルティ 月額20万円

フランチャイズのお問い合わせ